大使館からのお知らせ20140926

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

タイ在留邦人の皆様へ
             【大使館からのお知らせ】
                           緊急一斉メール

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

       タイ国内における犯罪傾向と注意喚起(その4)
             (2014年9月26日現在)

1 在タイ日本国大使館では,邦人が関係する犯罪が増えていることから,邦人の皆様の安全確保について,機会ある毎にタイ国家警察に申し入れを行っておりますが,警察側より,「バンコク都内観光地,タイ南部ビーチリゾートで,様々な事件が発生しているので,注意が必要である。」等情報提供がありましたので,事例等を御紹介します。
 タイ滞在(旅行)にあたっては,犯罪被害防止と併せ,自分が事件の当事者にならないように注意して下さい。

2 犯罪傾向「違法薬物所持・使用」 
  この犯罪は,犯人(通称・薬物売人)が,観光地やビーチリゾートで観光客を見つけると,親しげに「ジャパニーズ?」等と英語で話しかけて,近付いてきます。
 そして,犯人は,一見すると「紙巻きタバコ」や「錠剤」のような物を見せながら,「これ,気持ちいい。スッキリする。安い。」等と購入するよう勧めます。
 紙巻きタバコは,「乾燥大麻(通称・ガンチャー)」,錠剤は,「ヤーバー,ヤーアイス」等違法薬物の可能性があります。
タイ警察は,薬物犯罪を厳しく取り締まっており,逮捕された場合,「死刑」や「終身刑」が科される可能性があることから,違法薬物に絶対,手を出さないでください。
 警察の「おとり捜査」のケースもあります。
 また,「見知らぬ人から,荷物を預けられた。」や「知り合った人と食事をする。」際には,違法薬物の混入に注意して下さい。

3 犯罪傾向「ビーチリゾートでの各種犯罪」
  ビーチリゾートの犯罪は,パタヤ,プーケット,クラビ-,スラタニー,サムイ島,パンガー島,タオ島等の有名ビーチリゾートの「島巡りの観光船の中」や「ひとけの無い砂浜」等で発生しており,女性旅行客が,犯罪の被害者となることが特徴です。
ビーチリゾートでは,「ビーチボーイ」と呼ばれる若い男が,マッサージや飲食物提供等のサ-ビスを行いながら、わいせつ行為や窃盗,中には強盗を行うことがあります。
ビーチリゾートを観光する際,特に女性旅行客が,単独で行動する場合には,「見知らぬ人が近付いて来た時」には十分注意してください。

4 日本大使館では,継続して犯罪情報の発信を行います。犯罪被害,交通事故に遭った際には,最寄り警察署,在タイ日本大使館,チェンマイ総領事館に連絡して,必要な手続きに関してお問い合わせください。

在タイ日本国大使館 電話:(66-2)207-8502,696-3002 FAX :(66-2)207-8511