旅行のシーズナリティ

phuketheikinkion.png

プーケットの年間平均気温

グラフを見る限り、1年中それほど温度差はありません。
それでもグリーンシーズンは、朝晩長そでを着るタイ人もいて、1日の温度差は意外とあるようです

phuketheikinkousiryo.png

プーケットの年間降水量

雨季と乾季に大きく分かれているのがお分りになると思います。


phuketheikinkousuinisu.png

プーケットの年間降水日数

雨季も1日中、雨が降りどおしではなりません。
朝晩にスコールが来て、日中は晴れ間がのぞきます。

 


乾季と雨季

プーケット風土と気温のページでもお話しした通り、プーケットはマレー半島の西側 アンダマン海に面しているので、11月~4月が乾季、5月~10月が雨季になります。

天気で考えるとやっぱり乾季

パトン地区を代表するプーケットの西側のビーチにはホテルや観光施設が建ち並び、乾季には各国から訪れた観光客で賑わいます。

この時期西側のビーチでは波はほとんど無く、ビーチの端から端まで続く色とりどりのパラソルの下では、心地よい潮風を感じながらのんびり日光浴を楽しむ観光客でいっぱいになります。

特に2月3月は1年のうちでもトップシーズンとなり、ホテルやダイビングの予約も満席となることが多いので、ご予約はできるだけ計画的に早めに行うことをお勧めします。

またこの時期、各航空会社や旅行代理店の旅行料金もハイシーズン(トップシーズン)料金となります。

料金や人ごみで考えると・・・

では雨季はどうかと言うと、旅行会社などでは雨季はローシーズン扱いなので、「雨が降り続く」「海が濁っている」といった間違った情報を話しているようですが、決してそれが事実とは限りません

グラフでもわかるとおりに決して毎日雨が降り続くわけではありませんし、月の2/3が雨の日となっていますが、それも1日降り続くわけではありません。

ホテルの料金は格安になりますし、なによりどこへ行っても人混みが気にならないので、ゆっくりと旅行を楽しむことができます。