Tag: 犯罪 治安

海外安全情報

在タイ日本大使館から2014年4月4日に発表されたお知らせです

【海外安全対策情報(平成25年度第4四半期(1-3月))】

平成25年度第4四半期のタイの治安、一般犯罪傾向等に関する情勢傾向を報告します。安全対策等を考える際の参考にしてください。

また、最近の反政府勢力の動向、抗議活動に関する情報については、随時、当館ホームページ「タイ国内政治情勢(デモ等の状況)」に掲載・更新していますので、ご確認ください。

1. 社会・治安情勢等

(1) タイ深南部テロ情勢

海外安全情報 タイ地図

平成25年度第4四半期、タイ南部(深南部:ヤラー県、パッタニー県、ナラティワート県、ソンクラー県)(地図を参照)で銃器、爆発物使用のテロが月平均57件発生し、2月13日、パッタニー県メラーン郡メラーン町で、バイク利用の犯人グループが発砲し、多数の負傷者が出る銃撃事件が発生しました。

※ 右上下の地図上をクリックすると拡大します。
終了するときは地図右上隅の×をクリックしてください。

(2) 治安情勢

海外安全情報 タイ局部地図

1月13日以降、反政府勢力は、バンコク都内を閉鎖(SHUTDOWN)して、都内数カ所に拠点を設置していましたが、その後、ルンピニ公園、政府合同庁舎、首相府等に移動し、デモ等の反政府抗議活動を継続しています。これら拠点及びデモの周辺では、爆発、発砲事件が発生しています。

また、タイ政府は、3月19日を以て「非常事態宣言」を解除し、国内治安法(ISA)を、バンコク都及びノンタブリ県の全域と隣接県の一部に適用しています。(4月30日まで)

2. 一般犯罪・凶悪犯罪の傾向

(1) 犯罪傾向「昨年同時期比較マイナス6件・9パーセント減」

平成25年度第4四半期中の邦人犯罪被害の状況は、今期55件で、前年度同期(61件)と比較して6件減少し、9%減となっています。

(2) 邦人被害事案「路上強盗」

邦人男性が、サトン通り付近を通行中、バイク3台に乗車した犯人グループに追いかけられ、路地に追い詰められたところ、ブロックを投げ付けられ、現金等を奪われるという事件が発生しました。

(3) 邦人以外の被害事案

バンコク都バンカピ区のシーナカリン通りで、バイクに乗った犯人が、バイクを運転中の少年に向けて発砲し、顔、胸などを数発撃たれ死亡する事件が発生しました。

3. テロ・爆弾事件発生状況

平成25年度第4四半期中、上記反政府デモに関連した爆弾事件が幾つか発生していますが、邦人被害にかかる事件はありません。

※デモに関係する発砲・爆破事案

4. 誘拐・脅迫事件発生状況

平成25年度第4四半期中、邦人被害にかかる事件はありません。

5. 日本企業の安全に関する諸問題

平成25年度第4四半期中、日本企業の安全に関する諸問題はありません。