海外安全情報20140710

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
タイ在留邦人の皆様へ

【大使館からのお知らせ】

緊急一斉メール 2014年7月10日
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

海外安全対策情報(平成26年度第1四半期(4-6月))

平成26年度第1四半期のタイの治安,一般犯罪傾向等に関する情勢傾
向を報告します。安全対策等を考える際の参考にしてください。

また,当館ホームページ・海外安全情報も随時掲載・更新していますので,
併せてご確認ください。
http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/news/index_anzen.htm 

1.社会・治安情勢等

(1)タイ深南部テロ情勢

平成26年度第1四半期,タイ南部(深南部:ヤラー県,パッタニー県,ナラティワート県,ソンクラー県)では,イスラム武装勢力が関係すると思われる銃器,爆発物を使用したテロが,月平均約40件発生しております。 

5月24日,パタニー県とナラティワート県の数カ所で,死傷者を伴う銃撃,爆発事件が発生しており,依然として厳しい治安情勢にあります。

(2)治安情勢

5月22日,国家平和秩序維持評議会(NCPO)は,タイ国内全土における統治権を掌握した旨を宣言,国内全土に対して夜間外出禁止令を発令しま
したが,その後,6月13日夜間外出禁止令を撤回しました。なお,タイ国内は,引き続き戒厳令下にあります。
http://www.th.emb-japan.go.jp/140613.pdf

2.一般犯罪・凶悪犯罪の傾向

(1)犯罪傾向

平成26年度第1四半期中の邦人犯罪被害の状況は,今期68件で,前年度
同期と同件数となっています。

犯罪の種類では,邦人が被害者となる「すり,置き引き,ひったくり」等窃盗事件61件と昨年度同期(44件)と比較すると,17件増加しております。特に,バンコク都内における発生が殆どです。

(2)邦人被害事件1

「ドバイ人家族を装う詐欺グループによる見せ金詐欺」主に夜間,バンコク都内スクンビット通りで,子供を連れたドバイ人家族(実際は、南アジア系)を装い,「ドバイから来ました。美味しい和食レストランを知りませんか?」と親しげに近付いてきて,「今度,日本に行きます。日本円を持っていたら,見せて下さい。」と言い,現金を提示させ,油断させて現金を盗むという手口の事件が発生しております。

(3)邦人被害事件2:「自称・台湾人による詐欺」

夕方から深夜にかけて,バンコク都内スクンビットエリア又は観光エリアで,邦人の方が,台湾人を自称する人物(「ウタイ」や「ユージン」等を名乗る。)から声を掛けられ,その場で現金を騙し取られたり、ATMに連れて行かれ,指定の銀行口座に振り込まされたりするという詐欺被害が発生しています。
http://www.th.emb-japan.go.jp/140604.pdf
    

3.テロ・爆弾事件発生状況

平成26年度第1四半期中,反政府デモに関連した発砲・爆弾事件が数件発生していますが、邦人被害にかかる事件はありません。

4.誘拐・脅迫事件発生状況

平成26年度第1四半期中,邦人被害にかかる事件はありません。

5.日本企業の安全に関する諸問題

平成26年度第1四半期中,日本企業の安全に関する事案はありません。