6/18 ラチャノイ島のサンゴ

ダイビングの楽しみって、色々ありますね。
マンタが見たい、ジンベエが見たいと言う、大物好きがやはり多いです。
もちろん私も見たいですし、見て頂きたいです。
でも魚ばかりが海の楽しみではないんですよ。
今日はちょっとマニアックですけど、ラチャノイ島サンゴのご紹介。
プーケット ダイビング サンゴ
その前にこれはシャークポイントのソフトコーラル。
華やかです。
プランクトンが多くて、流れもあるので、こんな華やかなサンゴが出来るんです。
ただプランクトンが多いので、透明度はとても不安定。
プーケット ダイビング サンゴ
そしてこちらがラチャノイ島サンゴ
なんだか地味ですね。
でも浅場に広がるこのサンゴ、スズメダイが群れて、きらきら光ってキレイなんですよ。

これって霧氷に見えませんか?
プーケット ダイビング サンゴ
これは毛足の長い絨毯のようです。
シャークポイントピピ島では、こんなサンゴはあまり見ないんです。
プーケット ダイビング サンゴ
こんなエダサンゴが一面に広がる景色も、ラチャノイ島
くらいになってしまいました。プーケット ダイビング サンゴ
これからのラチャノイ島は透明度が安定します。
南国のイメージらしい、青~い海でのんびりと、こんなサンゴを楽しんでいただけたらと思います。